専業主婦あのたまの漫画ブログ

ぐうたら専業主婦のあのたまが、日常で感じたことをイラストや漫画で綴っています

理想と現実のギャップを埋める方法!感情を感じ切る必要性

感情と鏡の法則についての漫画

感情を感じ切る必要性

感情と鏡の法則についての漫画

感情を感じ切る必要性

感情と鏡の法則についての漫画

感情を感じ切る必要性

感情と鏡の法則についての漫画

感情を感じ切る必要性

こんにちは、あのたまです(*´ω`*)

ただいま、漫画「ネガティブ思考を手放して、生きるのが楽になった話」に沿って、 「生きるのが楽になる方法」をお伝えしています☆

今回は「感情を感じ切る必要性」について、焦点を当てています。 

 感情を感じ切って、理想と現実のギャップを埋めよう!

理想では「こうでありたい」のに、現実では「そう出来ない、ならない」なんてことありませんか?

思うようにいかなくてイライラして、自分を責めたり…。

気持ちを切り替えたつもりなのに、いつまでも不快な感情が残って、前に進めない…。

 

そんな時は「(不快な)感情を感じ切ること」がとても効果があります!

何故なら「(不快な)感情を感じ切ることは、現実を見る」ということだからです!

感情を感じ切ることは、目の前の現実を受け入れること

「感情」って頭で考えず勝手に湧いてくるものなので、とても「素直な気持ち」です。

 そのため、どんな感情であっても、それを思うままに感じてあげるということは、

  • 目の前の出来事に対する、自分の素直な気持ちを「肯定」する

ということなんです。

 

けれど私たちは、特に「ネガティブな感情」から逃げる傾向にあります。

苦しい、辛い、悲しい…

本当はとても傷付いているのに、

傷に触れるのが怖くて、抑圧したり見ないようにしてしまいます。

 

けれど、傷を治すには、傷をきちんと見ないと治療が出来ないのです!

 

「感情を感じない」ということは、目の前の現実を「否定」することで、ありのままの現実を受け入れていない状況です。

 

現実が正しく見れていないと、問題に対する正しい対策も取れません。

理想にしがみついたままでは、理想と現実のギャップは広がるばかりです…(;´Д`)

 

感情(素直な気持ち)を感じて、目の前の現実を受け入れていきましょう♪

 現実を受け入れれば、理想への正しい対策が取れる

さて、こんなことを書いている私ですが、実は私自身が今まで、

いつまでも理想と現実にギャップがあり過ぎる日々をすごしていました…(笑)

 

社会人になってから、

「自分にだって、これくらいは出来るだろう!」

と思っていることが、どうやっても出来ないことが沢山ありました。

 

  •  キラキラしている周りの友人がやっていることに憧れて、真似するものの、なんか苦しい…。
  • 職場で周りの同僚がやっているように、スムーズに仕事がしたいと思っても、思うように出来ない…。

 

思うようにいかない時「何で私はみんなのように出来ないんだ!」と、自分に対して激しい苛立ちがありました。

しかし、負けを認めたくないので「努力すれば出来るハズ!」と自分を鼓舞します。

当たり前ですが、感情から目を背けて現実を正しく見ていなかったので、対策はどんどんおかしな方向へ行きました…(;^ω^)

 

もしも「出来ないこと」を素直に受け入れる(諦める)ことが出来ていたら、みんなと同じような方法ではなく、自分なりの別のやり方を探すことも出来たでしょう。

理想に到達する方法は、一つではありませんものね(;^ω^)

あるいは、自分が持った理想は「自分には高すぎるかも…」と理想の方を考え直すことも出来たかもしれません。

 

私は、現実を直視せず、いつまでも自分の理想(考え)にしがみつくという日々を長いこと送っていました(;^ω^)変なプライドがあり過ぎたのです…。

 

現実を受け入れれば、理想への正しい対策がとれて、理想と現実の差が縮まります。

そうすれば、不快な感情とも縁が切れます!

感情を感じ切って、理想と現実の差を埋めていきたいですね♪

 

前↓↓↓

www.anotama.com

続き↓↓↓

www.anotama.com