あのたまの漫画ブログ

長野県に住む、あのたまの日常を漫画で綴る

ネガティブ思考を手放して、生きるのが楽になった話 7、「考え」と「感情」について 後編

感情と鏡の法則についての漫画

その7、「考え」と「感情」について 7/10

感情と鏡の法則についての漫画

その7、「考え」と「感情」について 8/10

感情と鏡の法則についての漫画

その7、「考え」と「感情」について 9/10

感情と鏡の法則についての漫画

その7、「考え」と「感情」について 10/10

 

こんにちは、あのたまです。

その7、「考え」と「感情」についての後編をUPしました。

 

自分の考えや価値観・思い込みを変えたり、緩めたりすることが、自分を自由にしてくれる、と前回の記事で書きました。

当初はそんなこと信じられませんでしたが、実際、そのようにしていくことで、ビックリするくらい目の前の世界が変わりました。

例えば、私は「すぐに人を頼る人」に対して、いつもイライラしていました。

それは小さい頃から親に「自立」を促されており、「人に頼ってはいけない」という考えが深く根付いていたからなのでした。そのせいで、「私はこんなに一人でなんでもしようと頑張っているのに、すぐに人を頼るなんて、なんてズルイ人なんだ!!」と、「すぐ人を頼る人」がどうしても許せなかったのです。

そのため、私は自分の中に「人に頼ってはいけない」という思いを解放して「私だって人に頼りたい、頼っても良い」と自分に許可を出してあげました。

すると、また、別の場所で「すぐ人を頼る人」が現れても、イライラしなくなったのです。何故なら、「自分自身」にも、人に頼っても良いと許可を出しているので、相手も許せる(受け入れる)ようになったからです。

もちろん、自分でやってほしいことは「自分でやって!」と伝えられるようにもなりましたし、私自身も、自分で出来ないことは素直に人に頼ることが出来るようになりました。

このように、「自分の考え」を変えていくことで、同じ現実や人を、違った見方で見られるようになったのでした。

 

前↓↓↓

www.anotama.com

続き↓↓↓

www.anotama.com