専業主婦あのたまの漫画ブログ

ぐうたら専業主婦のあのたまが、日常で感じたことをイラストや漫画で綴っています

考え方を変えたら、気持ちが楽になった体験談

感情と鏡の法則についての漫画

「考え」と「感情」について

感情と鏡の法則についての漫画

「考え」と「感情」について

感情と鏡の法則についての漫画

「考え」と「感情」について

感情と鏡の法則についての漫画

「考え」と「感情」について

 

こんにちは、あのたまです(*´ω`*)

ただいま、漫画「ネガティブ思考を手放して、生きるのが楽になった話」に沿って、 「生きるのが楽になる方法」をお伝えしています☆

今回は「考え方を変えて気持ちが楽になった、私の体験談」を書いてみようと思います。

考え方を変えたら、気持ちが楽になった体験談

前回の記事では「自分の考えを変えたり、緩めたりすることが、自分を自由にしてくれる」という話をしました。

何とも信じがたい話ですが、私はこれを長年、実践し続けています。

実際、どのような変化が起きるのか?

ここでは、私の実際の体験をご紹介したいと思います。

すぐ「人に頼る人」が大嫌い!だった私…

私は過去「すぐに人を頼る人」に対して、いつもイライラしていました。

何故かというと、小さい頃から親に「自立」を促されており、「人に頼ってはいけない」という考えが、自分の心に深く根付いていたからなのでした。

 

そのせいで、職場などで「すぐ人に頼る人」と接すると、

とてもイライラして許せない気持ちになっていたのです…(;^ω^)

  • 私だって人に頼りたいのを我慢してるのにズルイ!
  • 頼み事ばっかりされて、本当に迷惑!自分でやって!

けれど、そういう人に接する度にイライラしていたら、身が持ちません!

相手にも厳しい態度を取ってしまう自分も嫌でしたし、自分の考えを見つめてみることにしたのです。

相手の行動が、全く気にならなくなった!

自分の考え方を見つめていくワークを行い、

自分の中にある「人に頼ってはいけない」という思いを解放して、「私だって人に頼りたい、頼っても良い」と自分に許可を出してあげました。

 

すると驚くことに、

いつものように「すぐ人を頼る人」に接しても、イライラしなくなったのです。

「自分」にも人に頼っても良いとOKを出しているので、相手にもOKを出すことが出来るようになったんですね。

結果、相手の「人に頼る行動」がいちいち気にならなくなったのです。

人に頼ることが出来るようになった

もう一つ、変化がありました。

それは、私自身も、人に頼ることが出来るようになったことです。

今までは「人に頼ってはいけない」という思い込みがあったので、人に頼ることに大きな抵抗がありました。

しかし、その抵抗を取ったので、出来ないことや困ったことがあったら、素直に助けを求めることが出来るようになったのです。

頼られたことに対して「NO!」と言えるようになった

更にもう一つ。相手から何か頼まれたとき、自分に負担があるなと感じたら、

「自分でやって欲しい」と素直に伝えられるようにもなりました。

それまでは「全部自分がやらないといけない!」と思っていたのですが、それも無くなったんですね。

相手を助けない、ということではなく、相手も自分も苦しくないような道は無いか、ということを考えられるようになりました。

自分をゆるすと相手もゆるせる。心が楽になる。

私が考え方を変えたことによって、目の前の「出来事」は何も変わりませんでした。

頼る人は、相変わらず頼ってきていました(笑)

けれど、その出来事に対する、私の「解釈」が変わり、行動も変わったのです。

心は本当に楽になりましたし、とても自由になった気分でした。

 

このような体験を積み重ねていくことによって、私はどんどん解放されていきました。

そして今も、何かネガティブな感情が湧きあがった時、このワークをしています。

 

自分を大切にすること、自分を許してあげること。

それは結果的には、相手を受け入れることに繋がっていくと思います。

このようにして私は、「私を悩ませていた出来事」を違った見方で見られるようになっていくのでした。

 

前↓↓↓

www.anotama.com

続き↓↓↓

www.anotama.com