あのたまの漫画ブログ

長野県に住む、あのたまの日常を漫画で綴る

ネガティブ思考を手放して、生きるのが楽になった話 8、感情を感じる方法 前編

感情と鏡の法則についての漫画

その8、感情を感じる方法 1/16

感情と鏡の法則についての漫画

その8、感情を感じる方法 2/16

感情と鏡の法則についての漫画

その8、感情を感じる方法 3/16

感情と鏡の法則についての漫画

その8、感情を感じる方法 4/16

感情と鏡の法則についての漫画

その8、感情を感じる方法 5/16


こんにちは、あのたまです。

八話の「感情を感じる方法」も長かったので、3回に分けることにしました。

 

さて、感情を感じる方法ですが、これは掃除に例えると分かりやすいです。

過去に感情を抑圧してきて心にネガティブな感情をためてきた人は、掃除に例えると、心がゴミ屋敷状態です。

そのため、とにかく、ゴミ(ネガティブな感情)を捨てる(解放する)ことが必要です。断捨離と同じで、とにかく要らないものは捨てる、捨てる、捨てる!に限ります。

 

基本的にネガティブ思考な人が何をやっても上手くいかないのは、心に荷物が多すぎるからです。新しいことに挑戦したくても、ネガティブな感情が重すぎて、行動に移したとしても、引き戻されてしまうのです。

 

「自分はいつも行動に移そうとしても、途中で挫折してしまう」とか「頭ではわかっちゃいるけど、勇気が無くて行動に移せない」という人は、もしかしたら、心にその原因荷物をまだ持っているのかもしれません。

 

かくいう私も、全く行動が伴わない日々を続けてきました。周りの友人がどんどん夢を叶えていく中、いつまでも行動を起こせない自分。起こそうとして動いても、時間が経ったら元の自分に戻ってしまう。そんな自身に対して、言い訳したり責めたりして、負のループへ…。

 

しかし、人によって動けるようになる時はそれぞれで、動けないには動けないだけの理由があるのと思います。なので、焦らず、とにかく、心に溜まったネガティブな感情を解放し続けていくことが大切だと感じています。

 

前↓↓↓

www.anotama.com

続き↓↓↓

www.anotama.com