専業主婦あのたまの漫画ブログ

ぐうたら専業主婦のあのたまが、日常で感じたことをイラストや漫画で綴っています

ネガティブ思考を手放して、生きるのが楽になった話 10、鏡(投影)の法則の例(あのブタver.)

感情と鏡の法則についての漫画

10、鏡(投影)の法則の例(あのブタver.) 1/4

感情と鏡の法則についての漫画

10、鏡(投影)の法則の例(あのブタver.)2/4

感情と鏡の法則についての漫画

10、鏡(投影)の法則の例(あのブタver.)3/4

感情と鏡の法則についての漫画

10、鏡(投影)の法則の例(あのブタver.)4/4

 

こんにちは、あのたまです。

今日は鏡の法則の例を描いてUPしてみました!

 

この例は実際私が体験したことで、大きな気づきを与えてくれた一つの例です。

当時、職場に見た目も性格も意地悪なFさんという方がいて、私は思いっきり彼女のストレス発散のターゲットにされてしまいました。誰が見ても理不尽なので、Fさんの評判は悪く、周りの人は私を酷く気の毒がってくれていました。

そのせいもあって、鏡(投影)の法則はその時既に知っていたものの、私は自分に原因があるとどうしても思えなかったのです。

 

しかし、そんなある日、夫に「いい加減にして!!!」とキレられたのです。

 

漫画にあるように、それは皿洗いをしている時でした。

主人は性格上、お皿をとても丁寧にに洗うので、ゆっくりなペースに私は常にイライラしていました。口には出していませんでしたが、私は不機嫌な態度が大いに出ていて、相手に圧力をかけていたんですね。「なんでこんなにノロイんだ!もっとテキパキ出来ないのか!」という気持ちでした。

 

そのため、主人はそれを察して、私のペースに合わせて洗ってくれるようになりましたが、私はそれに対して感謝するどころか、要求が更にエスカレートしていきました。そして、ある時、そんな私の態度に夫が耐えきらなくなり、キレたのです!

 

怒りを向けられた私は、瞬間的に…「あ!私、Fさんと同じことしてる!」と気づきました。そして、同時に、夫と同じ立場を、「自分の母親」と一緒に皿洗いしているときにしていた!と思い出しました。

 

母親⇒私⇒夫  Fさん⇒私

 

この図がハッキリと見えた時、私は「自分を変えよう!」と決意したのです。というより「変わらざるを得ない。もう、嫌な気持ちを感じるのは沢山!」となったのです。

 

前↓↓↓

www.anotama.com

続き↓↓↓

www.anotama.com