あのたまの漫画ブログ

長野県に住む、あのたまの日常を漫画で綴る

ネガティブ思考を手放して、生きるのが楽になった話 番外編1_3、EFTを勧める理由 後編

感情と鏡の法則についての漫画

 番外編1_3、EFTを勧める理由 8/10

感情と鏡の法則についての漫画

 番外編1_3、EFTを勧める理由 9/10

感情と鏡の法則についての漫画

 番外編1_3、EFTを勧める理由 10/10

 

こんにちは、あのたまです。今日はEFTを勧める理由」の後編をUPしました。実は、EFTについては、ここが一番描きたかった部分でもあります(*´ω`*)

 

私は今まで、瞑想やらアファメーションやらブロック解除やらアロマテラピーやらヒーリングやら…。自分の精神的苦痛を改善するために、色んなセラピーに頼ってきました。しかし、一時的に症状は改善するのですが、またすぐに元の状態に戻ってしまう、ということを繰り返していました。それらは、補助的な役割を果たしてくれましたが、精神的苦しみの根本を改善するまでには至らなかったのです。

 

そんなときに、EFTに出会いました。EFTは、表面的な部分ではなく、心のもっと深いところに至るセラピーでした。自身の感情と向き合うことで、自分の根っこの部分に少しずつ、少しずつ近づいていきました。そして、幾度となくもきあがるネガティブな感情を見つめていくうちに、自分の根っこの部分に触れることが出来るようになったのです。

EFTを実践していくうちに、それまで生活に無くてはならなかった瞑想が必要なくなりました。何故なら、雑念が驚くほど減っていったからです。そして、大好きだった(今でも好き)スピリチュアル系のカウンセリングや占いなど…全く頼ることをしなくなり、遂に「自己啓発&スピリチュアルジプシー」から抜け出すことが出来ました(笑)

 

きっとEFT「自分自身と対話する」クセがつき、外ではなく自分の内に向き合うことに対する信頼が強くなったのだと思います。極端に内に向き過ぎるのも良くありませんが、私はそれまで外側ばかりに依存していたというか、頼っていた部分があったと感じています。

 

「自分のことが良く分からない」「自分っていったい何を考えているんだろう?」ということに対して、ヒントを与えてくれているのは「自分の感情」です。その感情を感じることに特化したツールであるEFTは、一生涯、役に立ってくれるのではないかと思っています。

 

ということで、興味があれば是非、EFTを試してみてください~(*´ω`*)

 

前↓↓↓

www.anotama.com

続き↓↓↓

www.anotama.com