あのたまの漫画ブログ

長野県に住む、あのたまの日常を漫画で綴る

ネガティブ思考が出来るまで 番外編 みかんの思い出「あなたは鬱じゃない」 前編

ネガティブ思考が出来るまで

番外編 みかんの思い出「あなたは鬱じゃない」 1/5

ネガティブ思考が出来るまで

番外編 みかんの思い出「あなたは鬱じゃない」 2/5

こんにちは、今日は雨の中、セブンイレブンで売ってる「金の食パン 4枚切り」を歩いて買いに行って来たあのたまです。パンはいままでずっとPascoさんの超熟を食べていたのですが、それ以上のお気に入りに出会ってしまいました(*´ω`*)4枚切りを半分に切って、ゆで卵とソーセージを添えて、あと珈琲。コメダ珈琲のモーニングのまねっこです(笑)

 

さて、そんな朝食を済ませ、以前ブログでもUPしたエッセイ漫画「ネガティブ思考が出来るまで」の番外編を描いていました。実はこの番外編、何年か前に下描きだけ描いて放置していた作品なんです(笑)本編はまだまだ続く予定だったんですが、過去編を描いて続きをやる気が全く無くなってしまって、途中で続きを描くのを辞めたんです(;^ω^)

先日机を整理してたらこの下描きが出てきたんで、どうせ今やること無いから描いておくかと仕上げました(笑)前編と後編に分けてUPします!

漫画に描いてある人生模索編はコチラ↓↓↓

www.anotama.com

 

二十代の頃、体調を崩して会社を辞めた後、精神的にノイローゼ気味になって家に引き籠っていた時があったんですが、それから抜け出すキッカケを与えてもらった話です。実家では当時、更年期障害?のせいか母も精神的に不安定で、ヒステリックな環境が続いていました。

私は体調が悪く精神的にも疲労困憊で、とにかく「何もしないで、ゆっくり休みたい」というのが正直な気持ちでしたが、「仕事もしないで家にいる」ということは両親にとってはただの怠け者と同じ…。それが許される雰囲気ではありませんでした。何もしたくない、出来ないけどやらなくちゃいけない。やらなきゃ、何かしなきゃ!でも、出来ない。そんな感じの毎日を送っていました。

 

体調はもの凄く悪かったですし、精神的にも疲労困憊でしたが「どうにかしなきゃいけない」と感じていたので、母に渡されたお金を手に私は旅に出ます。確か岐阜県だったと思うのですが、何をしたのかよく覚えていません…(笑)ただ、旅の途中でとある人と出会うのですが、その会話だけは、ずっと心に残っていました。

 

奇跡のような出会いや出来事は、これまでの人生で何度か経験しているのですが、これもその中の一つです。

 

前↓↓↓

www.anotama.com

続き↓↓↓

www.anotama.com