専業主婦あのたまの漫画ブログ

ぐうたら専業主婦のあのたまが、日常で感じたことをイラストや漫画で綴っています

バルトリン腺炎は漢方で治るのか!?①

 

日記漫画

バルトリン腺炎再発

こんにちは、今日は農協でキュウリがお安く大量に買えて、さっそく漬け込んでいるあのたまです(*´ω`*)冬の時期からぬか漬けを始めたのですが、今に至るまで地味に続けています。飽きっぽい私にしては、長く続いています。

 さて、そんな風に生活がリラックスしてくると、何か一つの病を発症するわたくしです…。何年か前は腰痛とアトピー(湿疹)、今回はバルトリン腺炎なってしまいました。

 

バルトリン腺炎が再発しちゃった!

この症状は、膣にある組織である「バルトリン腺」というところに細菌感染などが起こって、炎症が生じて腫れるというものです。 .デリケートな部分なので、漫画で描くのどうしようかと思いましたが…2コマ目でビックリした方がいたらごめんなさい(;^ω^)

 

過去2年間の間で2回発症したことがあって、2回とも病院で抗生剤を飲んで痛みが引いてしこりが小さくなったので、それ以降あまり気にしてはいませんでした。

しかし、今回またなってしまって、流石にこれはまた病院に行っても繰り返しになるパターンだと感じて、病院に行く以外に治る方法が無いかネットで調べていました。すると、バルトリン腺炎を漢方で治した方のブログを発見しました!

 

病院に行かなくても、漢方でバルトリン腺炎が治る!?

記事を拝見するとブログ主様は漢方だけで治したようで、なんとな~く、漢方で治るかどうかは分からないけれど私も「とりあえず試してみたい!」と感じたので、すぐにブログ主さんが記録に残してくれた漢方堂さんに電話してカウンセリングをしてもらい、薬を送っていただきました。

日記漫画

送ってもらった二週間分の漢方薬

漢方薬を頼んだ漢方堂さん↓↓↓

kodaira-ph.jp

 

処方された薬は4種類(一日3回食後、二週間分)↓↓↓

・寫火利湿顆粒

・五涼華

・白花蛇舌草

・銀翹(ぎんぎょう)解毒散

 食生活全般の改善も図りたい

カウンセリングの際、「バターなどの動物性油脂だったり、マーガリンなど、パンや洋菓子などに入っている植物性油脂を避けるように、また、甘いものを食べるなら和菓子の方が良い」…などなど、要するに、薬を飲むだけじゃなくて、食生活も改善すると良いですよ、と教えていただきました(*´ω`*)

私はお肉や脂っこいもの、甘いものも大好きなので、そのことは知ってはいながらも、食事が楽しくなくなるのが嫌で今まであまり制限はかけていませんでした。しかし、せっかく貯金をはたいて(私にとってはかなり)お高い漢方を試すのだから、最大限効果を発揮したい!!今回ばかりは改善を図りたいと思います(;^ω^)

早速、お米も白米から玄米に戻します。夏場は玄米を何時間も水につけるのが心配で白米に戻してたんですが、冷蔵庫でつければ良いと知り合いに教えてもらいました。私の場合、玄米の方が圧倒的にうんちが出るので、腸活も再スタートです。

運動も週に4回くらいは一時間は外で歩くようにしようと思います。(毎日やろうとすると多分挫折するので4回)朝もどんなに遅くても10時には絶対に起きようと思います(でも目標は8時)。私は夜眠れないのが悩みですが「お薬を飲んだら眠れるようになる可能性があるとのこと」なので、ここも経過を見ていきたいです。

また、バルトリン腺炎にかかる方は毎日お風呂はシャワーだけの人が多いそうです。「お風呂ではシャワーだけでは良くない」とのことでしたが、私は毎日湯船につかっているのでこれはクリアー。とにかく夏の時期は、冷房で体を冷やさないようにも注意したいです。

 一か月は続けてみたい

漢方は1か月はやるつもりですが、その間に痛みもひかずしこりの大きさの変化も無ければ、その時は諦めて病院に行こうかと思います。とりあえず、まずは2週間、そのとき、経過をブログで報告します~(*´ω`*) 

続き↓↓↓

www.anotama.com