専業主婦あのたまの漫画ブログ

ぐうたら専業主婦のあのたまが、日常で感じたことをイラストや漫画で綴っています

感受性が強すぎる!?仕事が続かない主婦は、鈍感になりたい…

仕事が続かない主婦

感受性が強過ぎて、仕事が続かない?

こんにちは、ぐうたら専業主婦のあのたまです(*´ω`*)

ただいま、マンガ「仕事が続かない主婦」に沿って記事をかいています♪

今回は「感受性の豊かさと仕事」について、焦点を当てています~☆

感受性が強すぎる!?仕事が続かない主婦は、鈍感になりたい…

「感受性が豊かである」

実はこの言葉、小さい頃から随分と沢山の人に言われてきました。

けれど私は、全く聞く耳を持たずにいたんですね~…(;^ω^)

何故なら、これが生きていく上で自分の人生に役に立つとは、

一ミリも思っていなかったからです…。

そして、それは実際にそうでした。

社会人になってからは、役に立たないどころか行く先々で足を引っ張り、

もはや憎むべき憎悪の対象でしかありませんでした。

それ故、もっと鈍感になりたいと、今でも思っていたりします(笑)

お勤めがしたい主婦、お勤めが向いていないと言われる

 そもそも、感受性って何なんでしょう…(゜o゜)

改めて言葉の意味を調べると、以下の言葉が出てきました。

かんじゅせい【感受性】

外界からの刺激を深く感じ取り、心に受けとめる能力。

大辞林 第三版 より

なんか格好良く書いてますけど、

要するに人の気持ちとかに敏感で、空気を読み過ぎちゃう感じです…(;´∀`)

 

私はスピリチュアルとか占いに限らず、分析計のテストをすると必ず、こっち系の診断が下されてしまいます(笑)

そのため、向いている仕事というと、

「自営業」「芸術家」「研究者」「セラピスト」とか出てくるし、言われるんです。

けれど、身近にそういう人がいなかったので、そのような仕事が良く分かりませんし、私は大小関係なく、組織の一員として働く「会社員」なりたいと思っていたんです。

 

何故かというと、生きていく上で、それが一番バランスがあるように感じたんですね。サラリーマンやOLさんは、常識と柔軟性があり、理性的なコミュニケーションを取っているように見えました。

(それ以外の人はそうじゃないと言っているのでは無くて、子供の頃からのイメージがそうだったんです。)

 

けれど、カウンセラーさんやセラピストさんに相談すると、

感受性が強すぎる私は「組織」という中においては、そうでない人よりも「人間関係で疲弊」してしまい「力を発揮できない」と良く言われていました…(;^ω^)

お勤めしたいのに「お勤めが向いてない」とあらゆる所で言われた私は、途方に暮れてしまいました…(笑)

それでもお勤めがしたい!仕事が続かない主婦、リゾートバイトへ行く

仕事が続かない主婦

仕事が続かない主婦、リゾートバイトへ行く

スピや占いで相談してもそのような結果を受けても、

当時は他にやりたいことも分からず、気力も全く無かったワタクシ…。

そのため、どうにか自分でもできる何かは無いかと探していました(;^ω^)

 

その中で「リゾート系の短期アルバイトがなら出来るのでは?」と感じ、

短期のアルバイトに応募しました。

 

コンクリートや街中が苦手な私でも

「自然」がある環境なら気分は良いと思ったのです。

学生時代も、山小屋で働きたいとずっと思っていましたし…。

 

ちょうど主人が仕事を辞めて勉強中の時期だったので、金銭的な不安もありました。

「一年分の家賃を、短期バイトで一気に稼ごう!」

と腹を括って、スキー場のアルバイトへ行ってきました。

仕事が続かない主婦、リゾートバイトを無事に満期で終える

「人妻が来た」ということで、現場で私はちょっとした変人扱い!(笑)

しかし結果、何事も無く、無事にお仕事を終えることが出来ました。

もちろん、人間関係ではつつがなく終わるように、大分疲弊しました…(;^ω^)

けれど、終わりが見えている仕事なので、我慢もそこまで苦ではありません!

それに正直、居心地はとても良かったんです。

リゾートバイトに来てる人って、下界とはやっぱりちょっと雰囲気が違って、皆さん付き合いやすいんですよね。

3食一緒にご飯食べてますし、だんだん家族みたいになっていきます。

「仕事」に集中できる環境でしたし、やはり「自然」が私の力になってくれました。

無事に1年分の家賃を稼ぐことが出来て、その後のお仕事の繋がりも出来ました。

何より「ちゃんと満期お仕事出来た!」というのは、小さな自信になりました(*´ω`*)

仕事が続かない主婦、リゾートバイトを諦める

下界より働きやすかったリゾートバイト!

それならば、これからもそうやって働けばいいじゃん!と思ったのです。

けれど、私はやっぱり「主婦」だったんですね~(;^ω^)

何か月も家を空けるというのは、自分や主人が納得の上だとしても、結構キビシイなぁと感じました。周りの反応もイチイチ面倒くさいですし…。

主人もアルバイトを見つけることが出来たので、そのためそれ以降は、

GWやお盆、年末年始など、忙しい時に呼ばれる時だけ行く、というスタンスに、落ち着きました。

 

その後も、また「自然」をキーワードに通いでお勤めに行くのですが、

まぁ、そこはそこで、えらいしんどくて大変でした(;^ω^)

感受性が豊かな人は、リゾートバイトが向いてるかも?

実はワタクシ、ついこの間までもリゾート地でお仕事をしていたり、

学生時代も山へバイトに行ったりと、結構リゾートバイトの経験が豊富なんです。

 

そのため、経験者として一つ思うことがあります。それは、

「感受性が豊かな人は、リゾートバイトが向いてるかも?」ということです。

 

自然が好きなら、なおのこと良いと思います。自然が心を癒してくれます。

住み込みバイトは人間関係が大変かもしれませんが、一緒にご飯を食べること(←これがめちゃくちゃ大事)で、そのうち良い関係になっていきます。

場所にもよると思いますが、へんぴであればある程いいかもしれません(笑)

 

短期ではなく通年で募集しているところもありますし、

私がもし独身なら、今なら間違いなくそういうところへ行くのですが…♪(;^ω^)

(過去の独身時代の私は「社会保険が~」とか、世間体で辞めていました。マジで後悔…。)

 

現代社会で生きていく上で、「感受性が強い」って、

今でもメリットがあると私はなかなか思えません…。

それでも、性格はなかなか変えられるものでは無いので、どうにかそれと上手く付き合いたいものです。

自分が居心地よく働ける場所を、

自分で作っていくか、見つけて行けると良いですよね…♪

 

前↓↓↓

www.anotama.com

続き↓↓↓ 

www.anotama.com