ぐうたら主婦あのたまの漫画ブログ

脳内お花畑なメルヘン漫画を描いています。

子なし専業主婦の生活を、思いっきり楽しんだ結果…

日記漫画

一生懸命やると、次にやることが見えてくる?

こんにちは、ぐうたら主婦のあのたまです。

今日は「子なし専業主婦生活を思い切り楽しんだ結果どうなったか?」

ということについて、話をしたいと思います~♪(*´ω`*)

 

悟り系に出てきそうな「今を生きる」といういかにもな言葉を、

結構ガチで取り組んでいるワタクシですが、その結果こんな感じになりました。

 子なし専業主婦の生活を、思いっきり楽しんだ結果…

私はこれまで「子供がいないのに専業主婦である自分」に対して、

ネガティブな気持ちを抱いていました。

しかし、「専業主婦」についての漫画を描いたり、

ブログやTwitterでコメントを頂いたり、

自身でEFT(感情解放)のセラピーなどをしていくことで…。

そんな自分を赦して、だんだんと受け入れることが出来るようになりました。

 

おかげで、後ろめたい気持ちを持つことなく、専業主婦の生活を送りながら、

創作活動に没頭できた半年間を送りました…(*´ω`*)

 

その結果、また「外でお仕事がしたいなぁ…」という気持ちが自然と芽生え、

とんとん拍子に進んで、4月からお勤めをすることになったのでした。

子なし専業主婦であることを受け入れて起きた、気持ちの変化

さて、子なし専業主婦である自分を受け入れることによって、

ある時期から気持ちの面で大きな変化が起こりました…!!

それは、いちいち自分が「子なし」「専業主婦」であることを、

意識しなくなっていったことです。

逆に「子なし専業主婦」という「枠」で「自分を見せる」ことに、

 窮屈さを感じるようになっていきました。

そして「ただ、そのままの生きればいいや」という気持ちに変化していき、

子なし専業主婦というものに、劣等感はおろか、

優越感(子なし専業主婦めっちゃ楽しいよ~!的なもの)すらも、

感じることが無くなっていったのです。

 「子なし専業主婦」であることにこだわらない

ある時期、創作活動やブロガーとしての方向性の一つとして、

「子なし専業主婦」という自分を前面に出して、

漫画を描いたりブログを書いたりする道も考えていました。

実際、そっち系の記事や漫画は多くの人に見てもらえますし、

そのような戦略でブログ運営をされている方もいらっしゃるように感じられます。

 

しかし、自分の場合は「なんか違うかも…」という気持ちがありました。

何故なら、もう「子なし専業主婦」ということにこだわらなくなっていて、

良いとも悪いとも、そこに関心が向かなくなっていったからです。

 

「子なし専業主婦」という「枠」を超えて、

肩書にこだわらずに自由に色んな人と繋がれるようになったのは、

自分にとって大きな一歩でした。

 

創作をしたり、仕事したり、すぐ辞めたり、専業主婦になったり…。

何事も長続きせず一貫性がないけれど、それすらもイチイチ深く考えずに、

「その場その場で、自分の気持ちに正直に生きていけばいいんだ」と、

心から思えるようになれたことは、ブログにコメントをくれたり、

Twitterで絡んでくれた人達のおかげだなと思います!(*´ω`*)

創作活動を全力でやることで、諦められた想い…

日記漫画

好きなものを描いて楽しんでいこう!

さて、主婦生活の傍ら、一方で力を入れていた創作活動の方にも、

気持ちの変化が起こっていきました。

 

今まで、創作を思いっきりやったことが無かった私ですが、

今回は心ゆくまで楽しく出来ました…!(*´ω`*)

そんな中で「創作を収入に繋げられないか…」という気持ちも芽生えました。

 

けれど、このような動機がはじめにあって描く漫画や文章は、

どれもこれも嘘っぽくなってしまい、とても窮屈に感じるようになりました。

 ブログにおいても同様で、「毎日更新」を意識してせっせと書く内容は、

気持ちが全然のってないことに気付きました…(笑)

 

「自然」に湧き上がってくる想いや気持ちを、

絵や文章にのせて描いていくこと。

私にとっては、これが何より大切なことなのだと理解しました。

 

そのため、自分は「出来上がったものを売っていく」方法でしか、

収入を得る道は無いのだろうなぁ~と、

選択肢が少なくなった分、道が明確になったのでした…(;´∀`)

 

一生懸命やったからこそ、自分の性格と限界を知って、

「ああ、自分には無理だな」と諦められたように感じます。

創作を辞める訳ではありませんが、創作をメインでやっていく人生よりも、

数ある中の生きがいの一つとして、

つまりは「趣味」として楽しくやっていこうと決意したのでした。

「今を生きる」を実践していく…

子なし専業主婦を始めた当初は、まさか、

また仕事がしたいと思うとは思いもしなかったので、

正直なところ自分でもびっくりしています…(;^ω^)

 

ただ、仕事をしたいと思うスタートの動機が、

「働かない自分に劣等感があるから」というネガティブな感じではなく、

「あ、この仕事ちょっと興味がある…」という自然な感じのものだったので、

自分の気持ちに素直に従いたいと思います。

 

こんな具合で、今後も「今」の気持ちを大切にして、

「現実の目の前に広がる世界」を受け入れて(きたものを拒まない)、

今を生きていくことを実践をしていきたいと思います。

 

仕事がまた、長く続かなくても、人間関係で悩んでも、

家事とのバランスが取れなくて余裕が無くなったとしても…。

とにかく、それを受け止めていこうと思うのでした…(*´ω`*)