ぐうたら主婦あのたまの漫画ブログ

脳内お花畑なメルヘン漫画を描いています。

価値観の変化…!?何に時間を費やしたいのか…

働けない主婦

ずい分と前からシュミレーションしてたのに…

こんにちは、ぐうたら主婦のあのたまです。

ただいま5回に分けて、エッセイまんが「やっぱり働けない主婦」を描いています。

今日は「価値観の変化」について焦点を当てています…(*´ω`*)

 

昨日の記事では、採用を辞退する理由について、

ハローワークに記載された情報と実際が違うかもしれない…」

「通勤方法が変更になるかもしれない…」

という不安が少なからずあった…と触れています。

 

しかし、最も大きな気持ちの変化は、実は「創作活動」においてだったのです。

価値観の変化…!?時間を費やしたいものは何か…

働けない主婦

価値観が逆転してしまった瞬間…

当たり前ですが、お仕事を探している時点でも、

ある程度は一日の流れをシュミレーションしていました…(;^ω^)

お勤めに出れば、今のように多くの時間を創作に割くことは出来ない、

ということは、もちろん「頭」では分かっていたのです。

そして、あの時点では自分はそれで「大丈夫」だろうと思っていました。

というのも、今までそれでやってこれたからです。

自分にとって「創作活動」をするということは、

「お勤めをしてお金を稼ぐ」ことによりも優先順位が低かったのです。

 

しかし、今回は違いました。

「創作する時間が、かなり無くなる」というのを改めて体感した瞬間、

「嫌だ…!創作に時間を費やしたい…!」と、全身に大きな衝撃が走りました。

 

自分ではそこまで自覚は無かったのですが、創作活動は、

今の私にとって何よりも優先したいことになっていたのです。

結果も出ていないし、誰かの役に立っている訳でもない…。お金も稼げない。

それでも、今は自由に創作をしていたいんだ…、と。

 

ただ、当然ですが頭の中では真逆の気持ちも沸き起こります…(;^ω^)

「いや、趣味で良いなら、普通に働こうよ…。」

「そんな好き勝手して生きていたら、後で大変なことになるよ…?」…と。

 

しばらく、心の中で葛藤を繰り返していました。

しかし、「世間体」や「将来の不安」、「子なし専業主婦という負い目」など、

それらを動機としてお勤めをしていた部分がセラピーで外されたことにより、

今までとは違って、答えはすぐに出たのでした。

 

「自分の気持ちに従おう…、だってもう、それしか出来ないんだもの…。」

 

自分の情けなさをかみしめつつも、相手方にご迷惑をかけることになるので、

とにかく急いで連絡するのでした。

 

前↓↓↓

www.anotama.com

 続き↓↓↓

www.anotama.com