ぐうたら主婦あのたまの漫画ブログ

脳内お花畑なメルヘン漫画を描いています。

価値観の変化…!?何に時間を費やしたいのか…

働けない主婦

ずい分と前からシュミレーションしてたのに…

こんにちは、ぐうたら主婦のあのたまです。

ただいま5回に分けて、エッセイまんが「やっぱり働けない主婦」を描いています。

今日は「価値観の変化」について焦点を当てています…(*´ω`*)

 

昨日の記事では、採用を辞退する理由について、

ハローワークに記載された情報と実際が違うかもしれない…」

「通勤方法が変更になるかもしれない…」

という不安が少なからずあった…と触れています。

 

しかし、最も大きな気持ちの変化は、実は「創作活動」においてだったのです。

価値観の変化…!?時間を費やしたいものは何か…

働けない主婦

価値観が逆転してしまった瞬間…

当たり前ですが、お仕事を探している時点でも、

ある程度は一日の流れをシュミレーションしていました…(;^ω^)

お勤めに出れば、今のように多くの時間を創作に割くことは出来ない、

ということは、もちろん「頭」では分かっていたのです。

そして、あの時点では自分はそれで「大丈夫」だろうと思っていました。

というのも、今までそれでやってこれたからです。

自分にとって「創作活動」をするということは、

「お勤めをしてお金を稼ぐ」ことによりも優先順位が低かったのです。

 

しかし、今回は違いました。

「創作する時間が、かなり無くなる」というのを改めて体感した瞬間、

「嫌だ…!創作に時間を費やしたい…!」と、全身に大きな衝撃が走りました。

 

自分ではそこまで自覚は無かったのですが、創作活動は、

今の私にとって何よりも優先したいことになっていたのです。

結果も出ていないし、誰かの役に立っている訳でもない…。お金も稼げない。

それでも、今は自由に創作をしていたいんだ…、と。

 

ただ、当然ですが頭の中では真逆の気持ちも沸き起こります…(;^ω^)

「いや、趣味で良いなら、普通に働こうよ…。」

「そんな好き勝手して生きていたら、後で大変なことになるよ…?」…と。

 

しばらく、心の中で葛藤を繰り返していました。

しかし、「世間体」や「将来の不安」、「子なし専業主婦という負い目」など、

それらを動機としてお勤めをしていた部分がセラピーで外されたことにより、

今までとは違って、答えはすぐに出たのでした。

 

「自分の気持ちに従おう…、だってもう、それしか出来ないんだもの…。」

 

自分の情けなさをかみしめつつも、相手方にご迷惑をかけることになるので、

とにかく急いで連絡するのでした。

 

前↓↓↓

www.anotama.com

 

ハローワークとの求人内容と違う!?…採用辞退に至るまで

やっぱり働けない主婦

実際やってみなきゃ分からないけど…

こんにちは、ぐうたら主婦のあのたまです。

今日は昨日に引き続き、

エッセイまんが「やっぱり働けない主婦」の2回目をお届けします。

今回は「会社側とのやり取り」について焦点を当てています~♪

 

私がこの度、採用を辞退する一番大きな理由は、自分の価値観が、

自身で気付かぬうちに大きく変化していたことにありました。

しかし、それだけでなく、実は相手側とのやり取りで、

既にやる気を少なからず無くなくしていた…、というのもあったんです。

ハローワークの求人内容と違う!?…採用辞退に至るまで

採用通知後、2週間ぐらい経っても何の連絡もなく、

自分から本部に電話をかけて次の指示を仰いでいたワタクシ…。

 

コロナの件もあったので忙しいのかな…と思っていたものの、

その後のメールのやり取りの中で、

初日の勤務時間がハローワークで記載されていた時間と違っていたり、

シフトも日にちだけ先に決めたものの、時間帯の説明もなく…。

改めて、採用通知書をよく見たら職務内容の名称も変わってるし、

なんかコレ大丈夫かなぁ…と、

どんどん、不安になってきていたのでした…(;^ω^)

でも、ブラック企業のような感じの場所でもないし、適当に流していたんですね。

通勤手段が決まらない…!?今更、変更なんてぶっちゃけ嫌!!

働けない主婦

面接で結構お話したのだけど…

ただ、働く前に通勤手段が決まらない…!という点には困ってしまいました。

車か、電車か、バスか…3つの手段があったのですが、

車通勤は現地の駐車場は利用出来ず、自分で契約して駐車場を借りる…

というのがルールでした。また、電車は駅が遠くて、時間のロスが大きい。

そのため、家からすぐ近くにバス停があるので、バスで通おうとしたのです。

 

しかし、時刻を調べて連絡したのですが「相談して決めましょう」という返事で、

初日は「お客様の為に…」駐車出来ないハズの場所に、駐車して良いとのこと…。

 

今までの職場だと、働く前に通勤手段や駐車場所の確保などを、

きちんと話し合うのが当たり前だったので混乱してしまいました。

 

今更「電車で…」と言われても嫌だなぁと思い、

そこで一気に「ここで働きたい」という気が萎えてしまったのでした…(;^ω^)

 もろもろの不安は、実際にやってみなきゃわからない!?

とは言ったものの、上記のことは、

今までの私だったら大したことでは無いかもしれません。

何故なら相手方に「説明不足だなぁ…」と感じたならば、直接電話をかけて、

納得がいくまで説明をしてもらえば良いのですし、

そもそも、これらの不安は実際には

「やってみなきゃ分からない」ということが沢山ありますよね。

 

だから「とりあえず行ってみてから…」というのが普通の感覚かもしれません。

しかし、そこまでするに至らなかったのは、

私にとってその職場で働くことが、今の自分にとって

「一番に優先したいこと」では無かったからなのだと気付きました。

 

「時間がもったいない」…。

自分でもビックリなのですが、そんなことを思ってしまったのです。

次回は、そのことについて書いていけたらなと思います。

 

前↓↓↓

www.anotama.com

続き↓↓↓

www.anotama.com

 

やっぱり働けない主婦…!採用辞退と心変わりのこと…

f:id:anotama:20200329205750j:plain

もう「お勤め」という逃げ道が無くなった…

こんにちは、ぐうたら主婦のあのたまです。

今日から5回に分けて、

エッセイまんが「やっぱり働けない主婦」を描いていこうと思います。

 

以前にブログで「4月から働くことになったよ~!」

という記事を書いたのですが、実は採用を辞退していました…↓↓↓

www.anotama.com

もしも、応援してくださっていた方がいたら、本当に申し訳ありません。

採用いただいた所にはご迷惑をかけたと思いますし、

ただただ申し訳なく、同時に、情けないなぁ…という気持ちで一杯です(;^ω^)

 

働いてから人間関係で「ああ、やっぱりキツイ…」、

と悩んで長続きしないかも…というのは想定の内だったのですが、

まさか始まる前から、辞めるなんてことは全く予想していませんでした。

そのため、正直ワタシ自身も、当初はこの気持ちの変わりように混乱していました。

 

ただ、これは後から分かったことですが、かつては

「自分はこういう人間だから…こう出来るハズ!」と思っていたものが、

「今」では全くそうではなくなっていた、ということでした。

 

この漫画では、そのことを書いていけたら良いなと思います。

引き続き「子なし専業主婦」に…、気持ちの変化はあるか…?

さて、話は変わりますが、上記のリンク記事では、

話の中で「子なし専業主婦」についても触れています。

採用を辞退してお勤めに出なくなったワタクシの肩書は、

今まで通り「子なし専業主婦」ということになります。

 

かつての私であれば「ああ、やっぱりお勤めに出ない私はダメだわ…」

と「子なし専業主婦」であることに、

再び劣等感を持ってしまっていたかもしれません。

けれど、辞退した後も、そのことについてはあれこれと思い悩むこともなく、

(というより、やはり、もう意識しない…)

どうやら、自分が「子なし専業主婦」である、ということにおいては、

きちんと受け入れられているようです…(*´ω`*)

 

この点においては、正直、安心しております。

 

今回の件の問題は、「子なし専業主婦」は全く無く、

全く別の所にあったのでした。

同じようなことを繰り返さないためにも、

ここでしっかりと自分の気持ちに向き合えたらなと思います。

 

続き↓↓↓

www.anotama.com

ジョギングで腰痛が悪化…!?本気で治したいこの痛み!

日記漫画

マットレス変えたら、寝起きの痛みが少ない!

こんにちは、ぐうたら主婦のあのたまです。

今日は、腰痛の話をしたいと思います。

実は以前に工場で働いてから、腰痛持ちになってしまったワタクシ…↓↓↓

www.anotama.com

www.anotama.com

しばらく病院やカイロプラクティックなどに通っていたのですが、

「一時的に良くなるものの、すぐにまた悪くなる」というのを

繰り返していて、いつまで経っても治らないので、

通院費もバカ高いし面倒くさいというのもあり、治療を辞めることにしました。

それ以降はストレッチをやったり、

テニスボールで腰やお尻をぐりぐりやったりして、

その場しのぎで様子を見ていました。(大体はこれで何とかなっていた…)

けれど、ジョギングを始めてから、

痛みが広がって足の裏まで続くようになってしまい、

そろそろ本格的にどうにかせねば…!と悩んでいたのです…(;^ω^)

テニスボールとマットレスで、腰痛を撃退!!

「このままじゃ歩けなくなるかも!本気で治そう!」と思って、

いつものようにテニスボールでぐりぐりとお尻をマッサージしていたのですが、

ふと突然「いつもと違う場所をやってみよう」と思って、

マッサージする場所を変えてみたのです。

すると、足の裏まで「ビビビ!!」っと衝撃が走り、

固まった筋肉がほぐれて痛みが一気に引いたのです。

どうやら、これまで以上にない、トリガーポイントを見つけたようです!!

 

そして更に、主人が突然マットレスを買ってくれたのです。

「痛みが増した様子だったから、かなり有名なマットレス買ってみたよ♪」と…。

 

果たして、そのお布団で寝てみてビックリ…!!

朝起きた時の痛みが、全然違うのです!(゜o゜)

私は寝るのが大好きなのですが、腰が痛くて眠れない…

というのがここ何年ではもう通常モードだったのです。

こんなに気持ちよく眠れるなんて…、

もっと早く、マットレスに興味を持っていればよかった…!(笑)

地味にしんどい腰痛…これからも良くしていく努力を!

腰痛を患っていても、「生活は何とかなっているから」…と、

その改善をいつも後回しにしてきました。

けれど、いつもより痛みが引いて分かったのは、

「結構、地味にしんどかったんだな…」ということ(;^ω^)

痛いのが当たり前だったので、痛くない状態を忘れていたんですね…(笑)

 

まだ完全に治ったわけでは無いので、

これからもストレッチをしたりテニスボールでぐりぐりしたりと、

様子を見ていこうと思います。

ガッチガチに固まった筋肉、とにかくほぐしていきたいです。

 

ジョギングは、そんなこんなでここ最近お休み中なのですが、

具合がよくなったらゆっくり始めていきたいです。

 

ところで、購入してもらったマットレスは、マニフレックスさんです↓↓↓

www.magniflex.jp

 

同じように腰痛で悩んでいる人の参考になれば幸いです…(*´ω`*)

美容院で毎回カットだけでは駄目ですか…?

日記漫画

毎回、途中で断念しちゃうけど今度こそ…!

こんにちは、ぐうたら主婦のあのたまです。

今日は美容院へ行ってきました…(*´ω`*)

 

そろそろ、髪の毛が伸びてきたのでパーマをかけようと思ったのですが、

最近ようやく、以前よりもヘアーアイロンを使えるようになってきました。

そのため、お出かけの際の寝ぐせ直しもパーマに頼らず何とかなりそうなので、

このままストレートで伸ばしていこうと決めたのでした。

 

そんな訳で、最近は前髪カット、カットばかり…。

毎回「カラーとかしないんですか?」って聞かれますが、

美容院って、パーマとかカラーとかしないとやっぱりダメなのかしら…?

 

一度、色を染めると定期的に染めないといけないのでお金もかかりますし、

カットだけでもいいですか…?(;^ω^)

トリートメントとかも、たまにはやった方が良いのでしょうか…。

 

美容師さん曰く、ストレートパーマはあまりオススメしない、

ヘアーアイロン使った方が良い)とのことだったので、

ストパー申請してないのですが…。

 

憧れのストレートロングを、今度こそ実現したいものですが、

難しそうだったら、毛先の方だけパーマをかけるとかにしようかな…。

 

服装もおしゃれじゃないしメガネだから、

パーマかけないとやっぱり地味に見えるのかな…(;^ω^)

ううう…。年も年だしなぁ…。

友達が出来るタイミングとは!?…交流が盛んになる時

友達が欲しい漫画

タイミングってあるのかもしれない…

こんにちは、ぐうたら主婦のあのたまです。

ただいま4回に分けて、エッセイ漫画「友達が欲しい…」を描いています。

今日は最後で「友達付き合いとタイミング」について、焦点を当てています。 

友達が出来るタイミングとは!?…交流が盛んになる時

皆さんは、「友達をたくさん作りたい!!」と思って「行動」したけど、

全く実りが無い時ってありませんでしたか…?(;^ω^)

実はワタクシ…、過去に何度もそれを体験してきました。

 

「良い出会いがなかなか無い、色々とやってるのに頑張っても続かない…。」

 

後で分かったことですが、このような結果になってしまうのは、

「行動」の仕方というか、

「行動する上での心の在り方」に問題があったのは、明白なのです。

それまでの私は「友達を作って一緒に何をしたいか」ということよりも、

「友達の人数」ばかりを気にして、見栄があったり、

不安や孤独感を一番に持って行動してることが多かったからです。

そのような時は、大抵は上手くいきません。

 

しかし、友達が出来る時というのは、上記のことだけではなく、

それ以上に「タイミング」「流れ」というような、

何か目に見えないものも、大きく関わっているなと感じることもありました。

 

そのため、どうにも上手くいかない時は、

ジタバタせずに静かに一人の時間を過ごしていることが何よりも大事、

ということが分かりました。すると、忘れた頃に突然、

交流が盛んになり始めるときがあるのです。

忘れた頃にやってくる…交友関係の波が一気に押し寄せる時

友達が欲しい漫画

スカスカなスケジュールが埋まる時期が、年に一度くらいある

アプローチに実りが無い時期がある一方で、

逆に何も自分がアクションを起こしていなくても、

向こうから勝手にお誘いがやってくるときがあります。

 

今まではそのような流れが来たときは、

あまりに無防備な状態で予測していないことだったので、

この波に上手く乗れないでいました。

あと、あまりに人が一気に押し寄せるので、怖かったのもあります(笑)

 

でも、準備など何もしていない状態だったり、

友達が欲しいとか忘れている時ほど、このような波はやってくるんですね…(;^ω^)

そのため、「友達が欲しいならば、もはや友達が欲しいと意識しなくなることが、

一番の近道なのでは?」と思うようになりました。

友達が欲しいなら、友達が欲しいことを忘れよう!

 「友達が欲しい」というのは、イコール「(自分は)友達がいない」

と言っているのと同じようなものだと、ある時に気付きました。

「友達がいない」と思っているから、苦しいし寂しいのですよね。

 

そのため、そのことに意識しなくなれば、苦しみは無くなるわけです。

ただ、「友達がいない!」という不足感でいっぱいな気持ちの状態の時に、

そのことを忘れる(意識しない)というのは、なかなか難しいものです。

 (というか出来ない…(;^ω^))

 

だから「友達はいたら嬉しいけど、いなくても大丈夫。」と、

「友達がいること」にあまり価値を置き過ぎず、

逆に「友達なんていなくてもいい!」と極端に思うこともなく、

もっと軽い気持ちでいるのを心がけるのが良いと感じました。

 

私はこの道においてはまだまだ発展途上ですが、

最終的には「友達欲しい」ってことを完全に忘れられたら良いなと思っています。

何故なら、そうなれば「友達がいなくても充実している」か、

「友達が(思う通りに)いて充実してる」かのどっちかだからです。

 

経験的に、願望と執着においては、その道はいつも同じです。

お金が欲しい、子供が欲しい、人望が欲しい、承認されたい…。

何かを強く望むとき、叶えばそれで満足しますが、

叶わないことで、苦しみが生まれます。

苦しみから解放されるには、

願望を「達成するか」、「完全にそれを諦めるか(忘れるか)」の

どちらかしかありません。

 

私は大抵、願望を達成するまでの苦しみに耐えられないので、

いつも諦める方を選んでしまいます…(笑)

けれど、不思議なことに「それがなくても、大丈夫…」と心から思えた時、

諦めていたものが手に入ることもあるから不思議です。

 

友達付き合いにおいては他人あってのことなので、

さっさと諦められたら良いなぁと思っていますが、

このように、「友達が欲しい気持ち」をブログ記事にして自分と向き合うことで、

モヤモヤは解放されたりもします。

 

だから、今回もそうなれば良いなと、切に願っていたりするのです…(笑)

友達においての執着が、どうか完全に手放せますように…。

 

前↓↓↓

www.anotama.com

 初めから↓↓↓

www.anotama.com

 

 

類は友を呼ぶ…!友達作りはコントロールしなくていい

友達が欲しい漫画

目の前に起きてることを受け入れよう…

こんにちは、ぐうたら主婦のあのたまです。

ただいま4回に分けて、エッセイ漫画「友達が欲しい…」を描いています。

今日は「類は友を呼ぶ」について、焦点を当てています。

類は友を呼ぶ…!友達作りはコントロール出来ない

皆さんの周りには、友達付き合いのみならず、ご近所とも家族とも親戚とも、

付き合い広く交流してる人っていませんか…?(*´ω`*)

主人のお義母さんがまさにそのような人なのですが、

私は小さい頃から、そんな交友関係が広い人に憧れていました…。

 

けれど、いくら自分がそのようになりたいと思っても、

いざ、同じように出来るかというと、最終的には苦しくなって続きません。

形だけ真似っこしても、キャパも狭いし心がついて行かないのですね…。

何度挑戦しても結果は同じなので、結構早い段階で、

自分には合っていない付き合い方なのだと分かってはいたのです。

(が、諦めはついていなかった…)

 

私の場合は、どちらかというと一対一でじっくりと…、

心の内面まで話し合うような深い付き合いになることが多いです。

それは、そうしたいからそうなる訳でなく、

気付いたら自然と勝手にそうなっている感じです。

 

 まさに理想と現実です。

ある時期までそのギャップをどうにか埋めようと、必死になっていました。

けれど、「ああ。もうどうにも無理だ…」と諦めて現実を受け入れ始めたら、

「…!なんだ、私には必要な時に必要な友達が与えられていたんだ…」

と気付くことが出来たのです。

 

類は友を呼ぶ…、自分でどうにかしようとコントロールしなくても、

自然と自分に合った人は、引き寄せられていたんですね。

だから、本当に誰も友達がいない時期とかあったのですが、

あれは今から思えば、必要が無い時だったのでしょう。

本当にずっと本ばかりを読んで、勉強している時期でしたから…(;^ω^)

オープンマイハート!心の鎧を脱いでいこう…

友達が欲しい漫画

思い込みで人と接しない!

という訳で、無理に頑張って友達作りをしようとすることは控えています。

その代わりに、いつでも来るべき「友」に巡り合ってもいいように、

出来るだけ自分の心を開いていようと決めました。

 

かつては「他人に傷付けられる」ことを恐れて、

ビクビクしながら人付き合いをしていたワタクシですが…、

悪意がなくても人を傷付けてしまうことはあるし、

悪意があっても人を傷付けないことってありますよね…(;^ω^)

それを知ったおかげで、

「私は今まであの人に傷付けられたと思っていたけど、

相手に悪意は全く無かったのでは!?」

と心から思うことが出来るようになったのです。

 

すると、今まであれほど怖かった「人」という存在への恐れが徐々に減って、

自分で自分を守るために築いた「条件」や「決まり」を、

どんどん捨てていくいことが出来るようになりました。

 

もちろん、たま~に心を開き過ぎて傷付く時はあります…(笑)

けれど「相手に悪意は無いかもしれない…」と思うようにしたり、

自分が敏感すぎる部分もあるからだろうと思うようにしています。

(実際、私は敏感な所があり、思い込みが激しいので…(;^ω^))

 

心を開くように努力したからと言って、

「友達が増えた!」というこも無いのですが、

少なくとも以前よりは人間関係の付き合いが楽になったなぁと感じています。

 

不器用は不器用なりに、こんな具合でやっております。

 

前↓↓↓

www.anotama.com

続き↓↓↓

www.anotama.com