ぐうたら主婦あのたまの漫画ブログ

脳内お花畑なメルヘン漫画を描いています。

自分の価値を高めたい!?…諦めきれない想い

こんにちは、ぐうたら主婦のあのたまです。

ただいま5回に分けて、

エッセイまんが「やっぱり働けない主婦」を描いています。

今回は「自分の存在価値」について焦点を当てています…(*´ω`*)

働けない主婦

先が見えないので、戸惑いの方が大きい…

 

 皆さんは「自分の存在価値」というのを、考えたことがありますか?

私は小さい頃から、自分に「何か」を付け足さないと、

自分の価値というものは上がらないのだと思っていました。

その「何か」は、ある時期では「学校の成績」であったり、

ある時期では「見た目の美しさ」であったり…。

社会人になれば「どれくらいお金を稼いでいるか」というのも気になるところです。

 

しかし、自分以外の「誰か」のものさしを使って自分の価値を測ることは、

理想とするだけの「何か」が手に入らない現実を目の前にした時、

たやすく崩れてしまいますよね。

 

だから、ある時期から、私は自分に「何か」を足すのではなく、

どんどん「減らしていく」方向へと進みました。

他の人に比べて出来ることが少なくても、能力が無くても…。

そのままの自分に「価値」があると思えるようになりたかったのです。

そうでないと、あまりにも自分に価値を感じられず、苦しかったためです。

 

様々なセラピーを続ける結果として、少しずつですが無価値観は癒されつつあり、

生きる上での苦しみはとても少なくなったように感じます。

 

そのため、創作活動において、まだ「諦めきれない想い」があると気付いた時は、

正直、戸惑いと不安を感じたのでした…(;^ω^)

自分の価値を高めたい!?…諦めきれない想い

f:id:anotama:20200401201738j:plain

諦められるまで、とことんやるしかない?

「創作で自分の価値を高めたい」ということは、

自分の創作を「誰か」に「評価されたい」という気持ちを含んでいます。

「お金」であったり「言葉」であったり、「いいね!」の数かもしれません。

 

「この期に及んで、まだ誰かに認められたいと思っているのか…」

と、自分の承認欲求の強さに正直うんざりしてしまいましたが、

自然に湧き出てくる想いを無視することも出来ません。

 

願望を達成してその想いを満たすか、

諦めきれるまで、とことんやるしかありませんね…(;^ω^)

 

私は早い段階で「創作は趣味で良いや…」と結論付けてしまったのですが、

それは、今までやってきたことと同じように、また思い通りの結果が得られず、

「自分の無価値さ」を感じるのが怖かったからだと、気付きました。

簡単にいうと、失敗が怖くてチャレンジ出来なかったという訳です…。

 

ただ、今もセラピーや勉強を続けている訳ですし、

恐れることなく、出来るやり方で挑戦していけたら良いなと思っています。

 

自分の価値を測るものさしは、常に自分の中に持っていなければいけません。

だから、創作においても、あまり「周りの評価」ばかり気にせずに、

自分自身でOKを出していけるようにしていきたいものです。

 

前↓↓↓

www.anotama.com

続き↓↓↓

www.anotama.com