ぐうたら主婦あのたまの漫画ブログ

脳内お花畑なメルヘン漫画を描いています。

ヒーラーkumi先生のクンダリーニ上昇ワーク体験談⑤~変化~

タロットカード イラスト

タロットカード「Ⅲ女帝」

こんにちは、ぐうたら主婦のあのたまです。

今日はヒーラーkumi先生の「クンダリーニ上昇ワーク」最後の日でした。

前回はやる気が迷子になっていましたが、5回目は初心に戻って、通常のワークを一緒にやってもらう事にしました!(*´ω`)

 

ワークはいつも通りな流れで始まり、上着を脱ぐほど体は熱くなるし、筋肉もギュウギュウして体感もバッチリ!

 

先生と体感のタイミングは合わなかったものの、大きなエネルギーを感じました。

3回目は疲れてしまって、集中力が途切れて思うように出来ませんでしたが、最後に思う存分やれたので、とても満足しました~♪♪

その後は10分間の瞑想をしてワークを終えました。

予想外!全5回のワークを終えて変化したこととは…!?

さて、今回のワークを通して、私の中で大きな変化(気付き)が起こりました。

ただ、この変化は私がワークを始める前に予想していたものとは全く違うもので、正直、自分でも戸惑っています…(;^ω^)

 

というのも、このようなエネルギーワークをやると、大抵は「やる気に満ち溢れて行動的になってきた!」とか「前向きな気持ちになった!」というような感じの変化が起きることが多いと思います。

実際、私も過去にそのような経験をしてきました。

 

ですが、今回はなんとその真逆!!(笑)

「自己肯定感が低かろうが、エネルギーが悪かろうが、もはやどうでも良い」という良い意味での「諦め」の気持ちになったんです。

どういうことなのか書いていきたいと思います。

「自己肯定感が低い!?エネルギーが滞ってる!?」という恐怖からの解放

4回目のワークの時、私はkumi先生に色々と自分のことを話していました。

その際に「自己肯定感が低い!」と言われていたんですね。

自分でもそうだと思っていたし、常々それをどうにかしたいなぁと思っていたので、最初は先生のアドバイスを「うんうん!」と聞いていました。

でも、そのうちに「話がポシティブ過ぎて疲れるな…」となってきて、ある瞬間、急に冷めた気持ちになってしまったんですね…(;´∀`)

先生としては、多分このワークをしたことによって私に「前向き」な変化を期待していたように思います。

けれど、私は「エネルギーが高い人」に対する憧れのようなものが、どんどん削られていくような感覚を覚えました。

 

その結果、ある意味では先生の言葉が私にとって「絶対」では無くなり、「もう無理にエネルギー状態を上げようとしたり、自己肯定感を上げようとしなくて良いや…」と思えるようになったんですね。

 

そうすると、今までエネルギーを扱える人(霊能力やヒーリングなど)から受ける言葉に、どれほど自分が大きな価値を与えていたかが分かりました。

「あなたは○○ですよ」とか「あなたが上手くいかないのは○○だからですよ」とか。

 

自分以外の「価値がありそう誰か」に大きな力を与えて、自分の存在を計ってもらおうとしている自分がいることに気付いたんですね。

(これが先生の言う「他人軸」ってことなのかな?)

 

 そんなこともあって、最後のヒーリングで「何やら変な臭いが…」とか「1~3のエネルギーが黒い」とか、今までの自分だったらギョッとするような言葉を頂戴したにも関わらず、「まぁもう…それでヨシ!」という気持ちで流せました(笑)

 

求めていた結果とは違いましたが「クンダリーニ上昇への憧れ」や「自己肯定感を上げたい自分」からも解放されて気持ちも楽になったので、私にとってはかなり大きな変化が起こったのかもしれません(*´ω`*)

 

それだけでも、今回このワークを受けて良かったなぁと思いました!

クンダリーニ上昇ワーク、これからも続けていきます!

「覚醒体験」や「クンダリーニ上昇」自体はもはや望まないのですが、ここで教わったワークは、これからも一人で続けていきたいと思います。

というのも、このワークをすると体がポカポカするので、寝る前とか足が冷えている時には凄く気持ちが良いんですね!(笑)

あと、エネルギーが全身にみなぎる感じがあるので、テンションが落ちた時にはもってこいかもしれません。

今までのように「何かを期待して」ワークをする訳では無いので気持ちも楽ですし、余裕がある時に進めていけるように思います。

 

ところで、意味不明な動機を持った私に対しても、先生は最後まで優しく接してくださいました。そのおかげで全5回、途中で挫けずにワークをすることが出来たように思います。本当にどうもありがとうございます(*´ω`*)

 

以上、上手くまとまっていませんが、全5回のワーク体験談を終えたいと思います☆

ここまでお読みくださった方も、どうもありがとうございました(*´▽`*)

 

前↓↓↓

www.anotama.com

一番最初↓↓↓

www.anotama.com