あのたまの漫画ブログ

長野県に住む、あのたまの日常を漫画で綴る

ネガティブ思考を手放して、生きるのが楽になった話 9、鏡(投影)の法則って何? 後編

感情と鏡の法則についての漫画

9、鏡(投影)の法則って何? 4/8

感情と鏡の法則についての漫画

9、鏡(投影)の法則って何? 5/8

感情と鏡の法則についての漫画

9、鏡(投影)の法則って何? 6/8

感情と鏡の法則についての漫画

9、鏡(投影)の法則って何? 7/8

感情と鏡の法則についての漫画

9、鏡(投影)の法則って何? 8/8

 

こんにちは、あのたまです。

今日は「9、鏡(投影)の法則って何?」の後編をUPしました。

 

感情解放をするときに、何故、鏡(投影)の法則を理解していた方が良いのか、ということを描いてみました。

この場面で出てくる耳折れうさぎちゃんは、小さい頃、お母さんから「オドオドナヨナヨしてるんじゃない!ハッキリしなさい!」と育てられました。その為、「ハッキリしないと、お母さんに怒られる。」という思い込みが出来てしまい「オドオドしてはいけない、いつも、自分の意見をしっかり言えないといけない」という自分の考え(ルール)を作ります。

そのため、後輩のメガネうさぎちゃん(T子)のように、大人しい子がとても不愉快です。自分の作ったルールを破り、しかも、小さい頃「否定した自分」がそのまま目の前に投影されているのですから。

 

自分が何を抑圧してきたのか、どのような考えを持っているかを「知る」ことで、自分の思い込みが解けていきます。縛っていたマイルールが緩むと、自分も楽ですし、相手にもそのルールを強制・強要しなくなっていきます。

 

耳折れうさぎちゃんは過去を思い出すことで、メガネうさぎちゃん(T子)に何故イライラしていたのか「気付く」ことが出来ました。そのため、彼女に対する態度も自然と和らいでゆき、向こうから歩み寄ってくれる、なんてことも起こります。

 

このようなことは、(内容は違いますが)私も何度か体験しています(*´ω`*)

相手を変えるのではなく自分の内面を変えていくことで、人間関係においてどれほど実りがあるかを体感できる瞬間です!

 

前↓↓↓

www.anotama.com

続き↓↓↓

 

www.anotama.com