ぐうたら主婦あのたまの漫画ブログ

脳内お花畑なメルヘン漫画を描いています。

母の日はあえて祝わない!?親との葛藤を見つめる…

日記漫画 母の日

「記念日」が嫌いなのは母譲り…?(笑)

こんにちは、ぐうたら主婦のあのたまです。

今日は「母の日」ですね…(*´ω`*)

Twitterでは温かい言葉や写真が溢れていてホッコリしながらも、

「仲の良い親子っていいなぁ…」と、ちょっぴり卑屈になり、

ひねくれてこんな4コマを描いてしまいました…(笑)

 

表向きでは全然そんな素振りを見せませんでしたが、

色々あって私は小さい頃から両親に対して、

並々ならぬ大きな怒りや、不信感などを抱き続けてきました。

そんな気持ちを持つことに対する罪悪感もあって、

感情を抑圧して、葛藤し悩み苦しんでいた時期もあります。

そのため「親に感謝しましょう!」と言われても、

素直に感謝することが出来なかったこともあり、

正直この「母の日」や「父の日」は好きではありませんでした…(;^ω^)

 

一時期は両親への憎しみを抑えきれない時もありましたが、

「苦しみから解放されたい!」という気持ちと、

毒親」という言葉をどうしても使いたくなかった私は、

セラピーで親との関係を完全に克服したいと強く思いました。

 

結果、両親を受け入れることが出来たのですが、

初めて、表面的ではない「心からの感謝」の気持ちを抱いた時、

私はわんわんと大泣きしていました。

そして、両親も、祖父母との関係で苦しんでいたのだと瞬間的に分かり、

これは家系で続いてきたカルマなんだと気付くことも出来ました。

 

母からはよく、

「親にならないと、親の気持ちなんて分からない。

だからあんたも早く子供を産みなさい。」

と言われてきたのですが、

この体験で、何かに解放される気持ちも味わいました。

 

この体験以降、以前よりも「自然体」で、

両親と付き合うことが出来るようになりました。

だからといって、素直に「母の日」を祝うかといったら、

そういう訳ではありませんけれども…(笑)

 

それぞれのおうちには、それぞれの家庭の事情があるのだと思います。

私の実家はかなりドライな付き合いで、

端から見るとかなり「理想」とはかけ離れているかもしれません(笑)

でも、いざという時は「助け合う」家族で在ってほしいです。

 

↓↓↓母との関係でセラピーをしていた時期の話

www.anotama.com

↓↓↓両親を受け入れた時の話

www.anotama.com