あのたまの漫画ブログ

自分の気付いたことや感じたことをエッセイ漫画にしています。

漫画「救われたブタ:イエス・キリストを信じてクリスチャンになった話」

みなさん、こんにちは~♪(*´ω`*)

またまた、だいぶご無沙汰しておりましたが、お元気ですか…?

涼しくなったと喜んでいたのも束の間、秋を通り越して朝晩が急に寒くなりましたね!

私はというと、この寒暖差についていけず、最近ずっと風邪気味で具合が悪いです。

皆さんも体調にお気をつけくださいね~!(>_<)

ナス味噌焼き

ぜんぜん関係ないけど、最近ナスの味噌焼きにハマっております。

さて、今回の記事ですが、久しぶりに漫画を描いたので発表したいと思います。

内容はタイトルから分かると思いますが「イエス様を信じてクリスチャンになりました」という「これまでの経緯をまとめた紹介漫画」なんですが、ブログをいつも読んでくださっている皆さんは、もう既にご存じのことだと思われます…(笑)

では、なぜ描いたかというと、私はブログだけではなく、noteというサイトでも漫画をUPしていて、そこでは文章は書かずに本当に「漫画だけ」なので、漫画を描かなくなってから今までの事は、何も更新されてないのです…(笑)

そのため、noteの読者さんへ向けて近況報告的な意味も込めた紹介のために、このマンガを書いたんですね…(*´ω`*)

noteには後ほどUPする予定ですが、まずはブログの読者さんに向けて紹介しますので、良かったらご覧ください~♪(^^)/

(漫画で記載されている聖句は「新改訳2017」から引用しています。)

(因みに、私は「聖書はすべて(原典において)誤りなき神の御言葉」と信じる、プロテスタントのクリスチャンです。) 

漫画「救われたブタ:イエス・キリストを信じてクリスチャンになった話」

漫画:救われたブタ

私が人生を迷走してたのは、きっと皆さんが一番よくご存知のハズ…(笑)

漫画:救われたブタ

「聖書」=「西洋の宗教の本」=「私には関係ない」というのが、大きな間違いでした。

漫画:救われたブタ

このラジオに出会うために、このバイトに導れたと言っても過言ではない(笑)

漫画:救われたブタ

一つ一つの感情と真正面から向き合ってきたのは、本当に良かったと思います(*´ω`*)

↓↓↓ リンク先はコチラです☆

劣等感の終わりとブログリニューアルについて - あのたまの漫画ブログ

漫画:救われたブタ

瞑想をとことんやって、本当に良かったと思っています。悔いが全く残ってないので…。

漫画:救われたブタ

今思うと、悟りの師匠の人格が尊敬できなかったのは、逆に良かったと思う(笑)

漫画:救われたブタ

イメージでしか知らなかった「イエス・キリスト」を、ちゃんと学んだ日。

漫画:救われたブタ

「〇〇」は「復活」です。ブログでは以前、信じるまでのいきさつは書いたかも(^^)

漫画:救われたブタ

キャラ変が大変なので、ブタのままでいようと思います(笑)

エス様に出会えて本当に良かった!「恵み」に感謝!!(*´ω`*)

救いとは何か…?福音とは何か…?

ここまで読んでいただき、ありがとうございました…!(*´ω`*)

いかがだったでしょうか…?知っている内容でしたでしょ…(笑)

この漫画を読んで、「イエス・キリスト」や「聖書」や「神様」に興味を持った人はあまり居ないとは思いますが、それでも『あのたまの言う「救い」とか「福音」ってなに…?』と疑問を持たれる方は、それを手短に説明してくださっている牧師さんの動画があるので、良ければご覧ください~♪(^^) ↓↓↓

youtu.be

youtu.be

youtu.be

youtu.be

この「3分シリーズ」は分かりやすく簡潔にまとまっているのでオススメですよ~♪(#^^#)

 

ところで、クリスチャンになるというのは、「教会へ行くこと」や「洗礼を受けること」ではありません。聖書では以下のように書いてあります。 

「なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神がイエスを死者の中からよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われるからです。人は心で信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。」

聖書はこういっています。「この方に信頼する者は、だれも失望させられることがない。」(ローマ人への手紙10:9~11)

「救い」や「福音」は全人類に向けられた神様からの「恵み」です…♪(*´ω`*)

多くの人が、福音を知って、神様との一対一の関係を回復出来ますように…。

おまけ:讃美歌ピアノ練習のこと

花

教会で綺麗なお花を見つけたので…!パシャ!(#^^#)

変わらずに、毎日コツコツとやっております。

先週は聖歌490番「われはおさなご」を練習していました。もうすくクリスマスなので、次の曲からは、クリスマスの讃美歌を選びたいと思います。

 

それでは、また~!(#^^#)