専業主婦あのたまの漫画ブログ

ぐうたら専業主婦のあのたまが、日常で感じたことをイラストや漫画で綴っています

長年の便秘が、ツールを使ったりお金をかけること無く、1週間で治った話

日記漫画

こんにちは、あのたまです。

なんだか健康サプリのアフィリエイトサイトにあるようなタイトルをつけてしまいましたが(笑)、私にとっては結構衝撃的な事だったので、ここでシェア出来れば良いなと思いました(*´ω`*)

 

結果から先に言いますが「ご飯をよく噛んで食べるようになったら、毎日するっとうんちが出るようになった」ということです。

「え?そんなことで?」という感じですが、本当にそんなことで、長年地味に苦しんでいた腸の調子が劇的に改善しました。

 

私は中学生くらいの頃から便通が安定せず、長い間、地味にその不快さに苦しんできました。下剤を飲むほどでは無いのですが、2~3日に一回くらいの便通で、いつも踏ん張って何とか出していた、という感じです。

 

ある時期からミヤリサンやビオフェルミンなどの整腸剤に頼って改善していましたが、面倒くさくなって途中で辞めたら元通り。

また、一か月に一度の生理の際、便意がきた時、腸に激しい激痛が起こり、トイレで意識を失いかけ手足が硬直するということを繰り返していました。

便通が悪いのは冷えのせいなのか緊張のせいなのか、とにかく、腸が大分悪いんだろうなぁという感じがしていました。

 

ところで、私は「ご飯を食べるのが早い」ということは、自分でも思っていましたし、周りからも言われていました。これは、兄弟におかずを取られまいと小さい頃からずっと続いていた習慣でした。主人は私の早食いを見て、いつも「もっとゆっくりよく噛んで食べなさい」と言っていましたが、このことが、そこまで体に影響があるとは私自身は全く思っていなかったのです。

 

ただ、下記にリンクを貼りますが、よく噛んで食べることの大切さを説いた動画にたまたま出会い、お通じとも関係あるんじゃあないのかと直感で感じました。実際「お通じが毎日問題なく出る友人知人」に照らし合わせたところ、みんな食べるのがとてもゆっくりで、よく噛んで食べている子ばかりだったのです。(便通の症状を改善したくて、色んな人に聞いていた。)

 

私が症状を改善するために今までにやったことは、ヨーグルトを食べることや整腸剤を飲むこと、規則正しい生活を心がけることなどですが、劇的に変化があったのはこれだけでした。

 

何回噛む、と回数は決めず、お米が甘くなるまで噛むように心がけ、一週間くらい続けたら、それからするするとうんちが出るようになりました。お米は、その時は玄米に変えていたので、効果が倍増したのかもしれません。よく噛むんで食べて体質改善を図ろうと始めたことでしたが、期待してなかったんですが、便通が良くなったのです。

 

あれからもう3か月以上経っていますが、よく噛んで食べた次の日の便通はとても良いです。規則正しい生活はしていないのですが、ちゃんと出ます。ただ、早食いは気を抜くと元に戻ってしまうので、まだまだ油断は出来ません(;^ω^)

 

最初の一週間は、正直、よく噛んでゆっくり食事をすることがとてつもなく苦痛でした。今まで、5分~10分で終えていた食事を、最低でも20分かけるのですから!!(;´∀`)早く飲み込みたい欲求との格闘が大変でした。今は最初の頃よりは違和感なく食べられるようになっています。

 

もしも、便秘で苦しんでいて、早食いの人がいたら是非動画を参考にしてみて下さい。

 

もともとは、断食道場に行って体質改善を図りたいけどお金かかるし、体の具合が良くなるために、何かもっといい方法はないかなと思って色々検索していたときにこの動画を見つけました。断食とは真逆の「もっとお米を食べましょう」と説く動画の先生が説く考え方は私には新鮮でしたし、「よく噛んで食べること」で健康になるなら、お金もかからないしやってみるか!となりました。

 

私が参考にした動画↓↓↓

youtu.be

www.youtube.com