あのたまの漫画ブログ

長野県に住む、あのたまの日常を漫画で綴る

終わらないダイエット~万年ダイエッター3~

ダイエットの漫画

痩せられた理由

こんにちは、夜中に2回は必ず目が覚めて、いつも眠りが浅いあのたまです。睡眠に関しては今もずっと悩みなのですが、最近「エプソムソルト」という硫酸マグネシウムの入浴剤が、睡眠にも良いという情報を得たので、早速購入して試しています。

さて、体質改善に関しては結構躊躇なくお買い物をするものの、ダイエットに関しては、お財布のひもが固いワタクシ。今回は、そのことを漫画に描いてみました。

太っていた私が痩せられた理由

太っていた私が痩せようと思ったきっかけは「太ったことで他人から雑な扱いを受けたトラウマ」と、「心優しい美人のお友達との出会い」でした。

そして、その後、淡々と長い時間をかけてダイエットをしてきた訳ですが、痩せられた理由は、ダイエットを複雑にしてこなかったことにあると感じました。

ダイエットの為に使えるお金が無かった

一番太っていた頃はまだ中学生でしたから、お小遣い以外に自由に使えるお金がありませんでした。そのため、ダイエットをするために、何か器具やサプリを買おうとか、ジムに行こうとかやりたくても無理だったんですね。

だから「痩せるためには運動するしかない」という発想しかなくて、それを淡々無理のない範囲でやっていました。当時は太っていて動くことが億劫でしたが、それでも暇なときは河川敷へ行ってウォーキングをしたりしていました。

ダイエットの最新情報が耳に入ってこなかった

「ダイエットの為に、お金は使えない(使わない)」という思い込みが出来てしまったせいで、情報を耳にしても「どうせ買えないしなぁ~(;^ω^)」とスルーするようになっていきました。それは年を取った今でも変わりませんw

そのおかげか、シンプルに「運動」と「食事」だけに意識した生活になり、ピーク時よりも体重が増えるということは起こりませんでした。

ただ、自己流なので、結果が出るのにはとても時間がかかりました。半年とか一年とかではなく、2年3年5年と、長い時間をかけて徐々に痩せていきました。

激しい運動が好きなわけではないので、運動はウォーキングが水泳ぐらいしか選択肢が無かったり、食べることが好きなので、食事の量も思うようには減らせませんでした。

 

その時その時の状況と気分で続けてきた訳ですが、この方法で今は「現状維持」出来ているので、感覚を頼りに今後も苦しくない程度にやっていきたいと思っています(*´ω`*)

前↓↓↓

www.anotama.com

続き↓↓↓

www.anotama.com