あのたまの漫画ブログ

自分の気付いたことや感じたことをエッセイ漫画にしています。

劇場版「きのう何食べた?」を見てきた感想を語る

こんにちは、ぐうたら主婦のあのたまです。

皆さんは映画やドラマってお好きですか…?(#^^#)

私はというと、小さい頃から今現在も、映画もドラマも自分から率先して見るタイプではありません。

ですがたまに、もの凄い自分の中にヒットするものがあると、以降ずっと同じものを見続けるということが起こります(笑)

きのう何食べた?」もその中の一つで、Amazonプライムで見てからハマってしまったのです。↓↓↓

www.tv-tokyo.co.jp

なので、ある時期に劇場版がやると知って、ずっとこの日を待ちわびていました(^^♪

今日は映画館に足を運んで、とても幸せな気持ちになったので、せっかくなので、かる~く感想を書いてみたいと思います。

あ、「きのう何食べた?」を知らない方は下記か上記のサイトを見てみてください。

内容としては、ゲイカップルが美味しいご飯作って食べる日常系ほのぼの系です。

kinounanitabeta-movie.jp

劇場版「きのう何食べた?」を見てきた感想

なんというか、映画だからといってお涙ちょうだいに走るとか奇をてらう感じじゃなかったので、安心してさらりと見終わることが出来ました。

開始早々、劇場内で笑い声が聞こえるくらい、いつもの調子でスタートしました♪

(あ、劇場内は私を含めて、女性一人のお客さんが多かった印象でした。)

料理は初っ端からのリンゴのトーストが美味しそうでしたし、シロさんと小日向さんと佳代子さんの3人で高級食材を調理するシーンも面白かったです。

ジルベールの態度にはちょっぴりヒヤヒヤしたけど、それに対するみんなの対応が優し過ぎてホッとした…(笑))

このドラマは、特別なにか大きな問題(ドラマ)が起こる訳では無いのですが、小さな痛みや葛藤のようなものを丁寧に書いていて、それが身近に感じるというか心地いいのかもしれません。

簡単に目の前の状況を受け入れられないところとか、でも、お互い大切だからこそ、大切な人の大切な人を大事に思いたいと思う気持ちとか…。

優しさが溢れていてほっこりします。

俳優さんのことは詳しくないしよく分からないのですが、今回はケンジ役の内野聖陽さんが輝いており「凄いなぁ(何が凄いか分からないけど…)」と感じました。

もちろん、この方だけでなく全体的に皆さん凄いんですけどね…(#^^#)

とにかく、明るくて笑えてテンポも良くて、本当に楽しかったです~!!

感謝、感激です…♪

エンドロールはスピッツの曲が流れていて、良い曲でした~!

ただ、やはりオープニングで流れたOAUの「帰り道」も印象深かったです。

多分、このドラマを好きな理由の半分くらいはこの曲が好きだからな気がします。

分かりやすいメロディーでちょっぴり切ない。アコースティックが綺麗。↓↓↓

youtu.be

ごはん、日常、優しさ…。

なんてことない毎日は正直、退屈の連続のような部分もあります。

ですが、この映画を見て、改めて、その日々がとても幸せであると思い出します。

丁寧にご飯を作って食べて、今後も穏やかに生きていこうと思ったのでした(^^♪

へっぽこな感想文ですが、皆さんも、興味が湧いたら是非とも劇場版「きのう何食べた?」見に行ってみてくださいね!

以上、感想まで…!

 

ドラマに関する過去記事 ↓↓↓

私はテレビ東京のドラマや、食べ物が出るものが好きらしい

www.anotama.com

www.anotama.com